チャットレディの確定申告はお済みですか?副業でも副収入が会社にバレない方法とは

ライブチャット事務所ピュアライブ所属・現役チャットレディの『なな』です♪
毎年2月から3月15日にかけて、確定申告の時期ですね。
ななは、先日税務署に確定申告の書類を郵送して申告が終わりました^^

数字の計算って一番苦手な分野でして、果たして確定申告の申告期限までに
間に合うのだろうかと内心ヒヤヒヤしてました。(笑)
なんとか無事に終わり、ホッとしています^^

ところで、チャットレディの収入も確定申告をする必要があるということを
ご存知でしょうか。
ある一定の収入を超えた場合、きちんと確定申告をする必要があります。

では年間いくらから確定申告する必要があるかというと、
チャットレディを本業としてやっているか、副業でやっているかで
申告の金額が変わってきますが、

1年間(1月~12月まで)で得たチャットの収入が、
本業の場合は年間38万円以上、副業の場合は年間20万円以上を
稼ぐと申告する必要があります。

チャットレディでガッツリ高収入を稼いでいこうと思うと、
本業で年間38万円・副業で年間20万円という金額は、
正直ひと月くらいで超えてしまう金額です。

もし、『会社にバレたくない』とか、『税金がたくさん来るのが嫌』だからと
言って確定申告しないで放置しようとしていたら、ちょっと待ってください!
申告の義務があるにも関わらず、わざと申告書を提出しなかった場合は、

『ほ税』といって厳しい処分に課されることがあります。
決して怖がらせるわけではありませんが、納税義務を免れようと
することは、重大な犯罪だということを覚えておきましょう。

この確定申告について、バレたくない・申告したくないと悩む方は
会社に勤めながら副業でチャットレディをしている女性が多いようです。
会社でもらう毎月のお給料が少ないからチャットを始めたのにも関わらず

たくさん稼いでしまって会社にバレてしまうのが怖いという気持ち、
ななもすごくわかります。
実際にななもチャットレディを始めようと思った当初は会社員だったので

『副業がバレて、クビになったらどうしよう』とヒヤヒヤでした。
チャットレディの副業が会社にバレる仕組みというのは、
副収入を得ることによって翌年の住民税が増額してしまい、

会社の年末調整時に副業をしていることがバレてしまうことが
主な原因です。
勤め先では、毎月いくらあなたにお給料を渡しているかをきちんと

把握しています。
なので毎月同じお給料を渡しているはずなのに、翌年住民税が増えると

いうことはまずありえませんから、給与担当者がそのことに気づいて
『○○さんは、もしかして副業をしているのではないか?』と
バレてしまうのですね。

とはいえ、たくさん稼ぐとバレるのを怖れて副業でチャットレディを
することができないというわけではありません。
確定申告時に、チャットレディの副業で得た収入分の住民税を給料から

差し引くのではなく、自分で直接住民税を納付するようにすることで
会社に副業をしていることがバレにくくなります。
自分で直接住民税を支払う方法のことを『普通徴収』といいます。

チャットレディの収入は、給与所得ではなく報酬という形で支払われ
ますので、この普通徴収をいう方法を選択することで会社に副業を
していることがバレにくくなるんですね。

この会社に副業をしていることがバレにくくなるという言い方を
したのは、普通徴収を選択していても自治体の確認ミスが原因で、
住民税が給料から天引きされる『特別徴収』となってしまうパターンが

あるためです。
特別徴収されてしまうと、会社に副収入を得ていることがバレてしまう
ケースがあるます。

普通徴収になっているかどうか、心配であれば事前に自治体に
確認するようにしましょう。
なので、チャットレディはきちんとバレないポイントをしっかり押さえて

おけば、安全に働くことができるのでオススメな副業なのです^^
きちんと税金を納めるものは納めて、稼いでいきましょうね♪
では次回の記事もお楽しみに☆彡

ライブチャット事務所ピュアライブ所属・現役チャットレディの『なな』が
お届けしました^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP