OL時代の安いお給料とはもうさようなら!ライブチャットのお仕事をしてからの変化

ピュアライブ所属・現役チャットレディーの『なな』です♪
もうすぐお給料日の25日がやってきますね~^^
世間一般の会社さんではお給料日として指定されていることが多い

『25日』ですが、お給料日前になるとお金を貰うのが
なんだか待ち遠しい気分になるのは、ななだけでしょうか?
普通の一般企業のお仕事をしているとお給料が劇的に増えるわけでは

ないのですが、働いた分のお給料が手元に入るということは嬉しいこと
だったりしますよね^^
お給料をいただくと、なぜか『もう仕事に行きたくない』と思っていても

今月も1ヶ月頑張ったな~とか、また頑張って1ヶ月働いてみよう
と思ってみたりするのが不思議でした。
ななはOLのお仕事をしていた際は、お金を貰う為にお仕事をしていたので

行きたくない会社にイヤイヤ通っていました。
お金のために行きたくない会社で働くと言うことは、何よりも苦痛でした。
なので、いつもどうやったら会社内で気楽にトラブル無く一日を

過ごすことができるのか、そればかりを考えていたような気がします(笑)
本当は、働きたいなと思うお仕事はありました。
ですが、実家が遠いところにある状況でしたので、

一人暮らしをしていたために実現することを断念しました。
親元を離れて一人暮らしをしようとすると、全ての生活費を
自分で捻出する必要がありますよね。

学生なら仕送りがあるのでしょうが、学生時代から親元を離れていた
ななは仕送りもほぼ無いに等しかったです。
奨学金で学費や寮費をまかなったらそれ以外の余裕はなかったです。

奨学金という制度があっても全て賄えるものではありませんし、
利用するには制度を利用できるように学力などの審査に合格する
必要があったりして、全ての学生が利用できるものではありません。

仕送りがあるのも、もともと余裕があったり子供のために
貯金をしていたりする家庭だからできるものでして、
日々の生活だけでもカツカツだったななの実家だと仕送りは困難な話です。

なので、学生時代からアルバイトをしていたななですが、
食費を自分で捻出していたので、本当に手元にわずかしかお金が残らなくて
お友達と遊んだら貯金はできないというのが当たり前の状況でした。

そんな感じのまま、やりたくないけどお金のためにと思って
働くことにしたOLのお仕事ですが、まあストレスが溜まりました。
そんなOLのお仕事でも、少ないお給料から普段掛かっている

生活費を差し引くとわずかしか手元にお金が残らなかったんですね。
やりたくないと思っていたOL時代のお給料でそんな感じだったのですが、
本当に働きたいと思うお仕事のお給料はさらに少ない金額でした。

いくら働きたいと思うお仕事でも食べるにも困るくらいのお給料で
これから生きていくと思うと、ななは無理でした。
その時はやりたいと思うお仕事することを断念せざるを得なかったのも

ありますが、そこまでそのお仕事をやってみたいと思う『覚悟』が
足りなかったのかもしれません^^
ライブチャットのお仕事を始めて、もともと人と接するお仕事が

好きだったななの人生は変わったような気がします。
自分では気が付かないのですが、周りが『綺麗になったね』とか
『なんだか優しい表情になったね』と褒めてくれるようになったんです。

その成長の結果は、『たくさんのお金』として手元に返ってくるように
なりました。
OL時代のお給料の2~3倍は頂くことができるようになりました。

ここまで稼ぐようになっていくと、ストレスがハンパ無くて
我慢に我慢を重ねていたOL時代には絶対戻りたくありません(笑)
ななにとって、人と接するお仕事は本当に楽しいと思うお仕事です。

この記事を読んでいる女性の皆さんも、是非自分の人生を豊かなものに
していきませんか?
ライブチャットのお仕事を通じて一緒に働くことが出来たら嬉しいです。

当事務所のピュアライブでも、チャットレディのお仕事の求人を
随時募集しています^^
人生を変えたい方は、お気軽にお問い合わせくださいませ^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP