アダルトチャットの内容のマンネリ化に悩む方へ

ピュアライブ所属・現役チャットレディの『なな』です^^
この記事を読んでいるチャットレディの皆さんは、チャット中に
何をしたら良いか悩むことはありますでしょうか?

ここで言う『チャット中に何をしたら良いか悩む』というのは、
会話うんぬんではなくてエッチなチャットをする時と言う意味です^^
今回は、アダルトチャットをするチャットレディさんに向けて

記事を書いていきますね。
アダルトチャットが何かというと、男性会員様に向けて
エッチなことをします。お洋服を脱いだりもします。

こんなことを言うと、これからライブチャットでお仕事をしたいと
考えている方や、今までにアダルトチャットの経験は無いまま
現在ノンアダルトチャットでお仕事をされている方は

ここで『お洋服脱ぐの!?』と、抵抗を持つ方がとても多いです。
知らない男性に向けてお洋服を脱ぐなんて、と抵抗を持つのが
自然なのでそこは不安になって当然かと思いますが

次第に慣れていきますので、安心してください^^
ここでこのお話をすると、お話の内容がズレていきますので
それはまた別記事で書いていきますね。

ななは現在ミックスサイト(ノンアダルト・アダルト両方の要素が
入り混じっているサイト)でお仕事をさせていただいております。
ノンアダルトでまったりとお話だけをすることもあるんですが、

ミックスサイトでアダルト有りにしているので、要望があれば
もちろんアダルトチャットもします。
アダルトチャットのみのサイトさんでも要望があれば

ノンアダルトでお話だけもできるんでしょうが、
ミックスサイトですと、どのお客様が来てもノンアダルトなことだけ
したくない日も気楽に働くことができますので、個人的に好きです^^

ただ、ななは『ライブチャットで継続的にお金を稼ぐ』ことが
目標ですので、アダルトチャットをする時もあります。
アダルトチャットを重点的に行った方が良いと思うタイミングもあります。

それで、アダルトチャットをしていくのですけれども。
繰り返してアダルトチャットをしていくと大体チャット中で
やっていくことは『パターン化』してしまうものです。

男性から求められていることって考えてみると、大体同じなんです。
『またこのパターンをやるのか・・・』って思ったりする時期もありました。
だんだんやっていくと、チャットに慣れすぎてしまうというのもありますね。

ななは、新人期間が終わってしばらくしてから、アダルトチャット中に
何をしたら良いのか悩むことがありました。
また同じことで男性会員様が満足していただけるのか不安になりました。

中には『そんなことで悩んだことないわ』って言う方も居るかも
しれません。
ななは、新人チャットレディーのころは同じことをしてもついていた

男性会員様が、新人期間が終わるとパタっと来なくなったのです。
そうなると、待機時間が増えました。
待機時間が増えると収入にならないため、焦ってくるんですね。

何がいけないんだろう?と自分のことを責めていました。
『アダルトチャットは何をしたら良いんだろう?』と
かなり心配になる時期はありました。

この状況を解決する方法は、『何もパターンを変えないこと』でした^^
もちろん、ななの場合ですがアダルトチャットで男性会員様が
求めていることは『パターン化しているのが普通』なことに

気が付いたからです。
なので、あれこれとアレンジしてパターンを変えようと試行錯誤
してみたんですが、逆効果で望んでいない男性会員様が

遊びにくることがわかりました。
なので、パターンを変更したことによって自分のキャラクターが
ブレて望んでいない男性会員様が来るようになってしまうと、

今まで来ていた男性会員様も、『なんだかななちゃん前は楽しかったのに
つまらなくなったし、変わってしまった』と
思われてしまうんですね。

チャットレディさんがつまらなそうにしていると、男性会員様も
つまらないと受け取ってしまいます。
なので、パターンは変えずにパターン以外のことを変えたことに

よって、徐々に遊びに来てくれる男性会員様が増えたのです^^
ちょっと抽象的な表現になってしまったので、
一体何をすればよいんだろうと思うかもしれませんが

具体的に何をするかをいうと、例えば
『着ているお洋服をいつもと違うお洋服に変えてみた^^』とかですね。
え?これだけ?って思うかもしれませんが、この位の変化でOKです。

男性会員様は少しの変化でも喜んでいただけるものです。
なによりも貴方に逢えて嬉しいということが分かると、
無理してパターンをアレンジしてみようとは思わなくなりました^^

ぜひ、気軽にチャットにチャレンジしてみましょう^^
何か疑問に思うことがありましたら、お気軽にピュアライブまで
お問い合わせください。お待ちしております。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP