国内サイトのチャットレディで売り上げ100万円を達成するために続けてきたこと

ピュアライブ所属・現役チャットレディの『なな』です^^
今回の記事は、シリーズで書いていたスマートフォンで上手くサムネイル
画像を撮影するコツをオヤスミです^^

ななが最近チャットレディのお仕事をしていて、気づいたことを
書いていきますね。
サムネイル画像を撮影するコツは基本中の基本をお伝えしていますので、

まずは撮影してみることにチャレンジしてみてくださいね。
普段の日常生活では、自撮りをすることってあまりしないと思うのです。
昔SNSで流行った、美味しそうなお料理を載せたり綺麗な恰好をして

自撮りをしてお金があることで充実した生活をアピールして勧誘する
キラキラ起業女子だと頻繁に自撮りを載せることあるのでしょうが(笑)
ななは旅行先だと写真を撮るときはありますが、普段は載せないです^^;

チャットレディ以外で、いちいち他人に自己アピールすることも
無いですしね。
とはいえ、自撮りは苦手で時間が掛かるタイプなので、

まめに自撮りの練習はしています。
いざって時に撮影できるようになれば、魅力的な写真を短時間で撮れるように
なり時間の効率が良くなります。

チャレンジしたことが無い方は、いちいち写真を載せなくて良いですから、
空いた時間を利用して撮影の練習をしてみることが大切です^^
撮影でうまく撮れるようになると、だんだん楽しくなっていきますよ♪

ところで、サムネイル画像のコツは一旦休止と言ったわりには、
サムネイル画像に関することを沢山文章を書いてしまいました(笑)
話が逸れまくりで失礼しました!

最近チャットレディのお仕事をしていて、現役チャットレディーのななが
感じたことがあったので、今回はそのことについて書いていきますね^^
ある日、現時点だと直近1ヶ月でどれくらい稼いでいるのかなと思い

計算してみたところ、ひと月の売上合計がちょうど100万円に
なっていました。
端数も出ずにちょうどぴったり100万円の売り上げです。

メールやイベント時間帯のチャットでは報酬が数十円単位になるので、
大体端数がでますが、今回はぴったり100万円で珍しくて
びっくりしました。

ひと月で100万円の売り上げを上げるということは、昔会社員をしていた
頃の自分は雲の上の話で、『そんなことは実現しない』って思っていました。
その頃は、ちょうどSNSで先ほど言ったようなキラキラ起業女子という

(キラキラ起業女子って死語ですね)方たちが派手に自己アピールをしていて
低収入だったななは、憧れを抱いていたものです。
美味しそうなホテルランチを食べてみたり、マッサージに行ってみたり、

旅行へ行ってみたりと充実した生活をマジマジとアピールされると
贅沢が出来なかったななは羨ましいなって思うようになりました。
それから、数年が経ちチャットレディを始めたのですが、

きちんと稼働している月は売り上げ100万円をクリアしています。
働きだして1年以上ずっと継続して売り上げをたたき出しています。
ひと月の売り上げを100万円をクリアするのが当たり前になっている

自分が今ここに居まして、1日の売り上げの目標も上がるようになり
100万円の売り上げなんて実現しないだろうと思うことは
無くなりました。

では、一体何をしてきたかというと、特別なことは一切していなくて
『コツコツをコンスタントにサイトに出演してお仕事をしていた』
から売り上げを達成してきたのです。

同じ売り上げ100万円を上げたと言っても、最初の達成した月と
途中達成した月と、現在では全く質が違います。
ライブチャットでは、最初は新人期間と言うものが用意されていますので

初月は達成しやすかったのを憶えています。
途中はお客様がなかなか安定してつかずに辞めようかと思っていた時期。
なんとか達成してヒーヒー言っていました。

最近は、繰り返し来て下さるお客様のおかげで出演したらこれくらいは
稼げると根拠のない自信がついています。
売り上げ100万円を達成する人の存在って、雲の上の存在だったのですが

自分がなっているんですよね。達成したから良いますけど、
生活は至って庶民的な生活で、雲の上の存在じゃないです。
なんだ、達成しちゃったという感じです(笑)

この自信がついたのも、継続してライブチャットのサイトに出演することを
続けてきたから身に付いてきたのだなって思いました。
100万円の売り上げを国内サイトで継続して稼いできたので、

いつかは、このノウハウをお伝えできる日がくると良いなと思っている
今日この頃です。では、次回はサムネイル画像のコツについて
再び更新していきますね^^次回の記事をお楽しみに☆彡

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP