ライブチャットのお客様から誹謗中傷を受けたときの対処方法とは

ピュアライブ所属・現役チャットレディの『なな』です^^
先日ライブチャットのお仕事をしているときに、逢いに来てくれた
男性会員様から『30代のオバサンでそれは痛いよ』といった内容で、

こちら側が傷つくような心無いお言葉をいただきました。
30代はもうオバサンだと思っているので、オバサンと言われたことに
ショックを受けたわけではありません。

ななが現在働いているライブチャットのサイトには、
この当事務所のブログのように記事を書くコンテンツが用意されていまして
チャットレディさんがそれぞれ記事を投稿しています。

その記事には公開制限はありませんので、誰もが読める状態です。
ライブチャットサイトの男性会員様はもちろん、サイトの会員様ではない
一般の方やチャットレディさん、誰もが記事を読むことができるところに

男性会員様の心無いコメントが投稿されていたのでした。
心無いコメントを発見した時は、イライラするとともにショックを受けました。
誤解が無いように再度言いますが、ななは既にオバサンなので(笑)

オバサンと言われたことにショックを受けたわけではありません。
既に姪っ子も居ますし、オバサンと言われることにも言われ慣れています。
どんなに身なりを綺麗にしていても、中学生からしてみたら

30代は十分オバサンの領域ですし、お姉さんと言ってというのも
何かしら無理が出てくる年代ですのでw
その容姿の部分について言われたことを問題にしているワケではなくて、

誰もが読めるような場所に人によっては、誹謗中傷とも読み取れるような
不快なコメントを残す神経に腹が立ちました。
名前を見てみると、その心無いコメントを残した男性会員様は、

見覚えがある男性会員様でした。
最初にチャットに来てくれた際に『これからもななちゃんのことを
指名するよ』と気に入ってもらえていて、既に何回かチャットに来る

男性会員様でしたので、名前を見て知っている男性会員様なのは
すぐに分かりました。
ただチャットには遊びに来るものの、会話のやり取りはあまりしたことが

ことが無くて、どんな会員様なのか趣味や嗜好などはこれから聞こうかな
と思っていたところでした。
いわゆるパフォーマンス重視のエッチなところが見たい会員様でした。

もし心無いコメントを残した会員様が、気心が知れているくらいの
仲が良い男性会員様でしたら、直接不快だった気持ちを伝えていたのか
と思いますが、そこまで仲が良いかと言うとそうでは無い会員様でしたので、

この心無いコメントが残されていることについて、どう対処しようかと
悩んでいました。
1日悩んで自分なりに考えてみた結果、心無いコメントが残された部分を

削除するという行動をすることにしました。
ニックネームで利用できるサイトは、匿名性があるのでネットのマナーが
ない方もいらっしゃいます。

ツイッターやインスタグラム・YouTubeなどのサイトでは、コメント欄に
心無い言葉を残すような、いわゆるネチケットの部分が欠けている方も
ちらほら見かけますね。

もしかしたらそのまま思ったことを口に出したのでしょうが、
その投げかけた言葉に対して、傷がつくかどうかは受け取り側次第
なのです。

ななは傷つかなくても、日頃から応援してくれているファンの男性会員様が
その記事に心無い残されたコメントを読んで不快な思いをする可能性が
あったので、今回は削除することにしました。

心無い言葉についても、上手く返信をする自信があるチャットレディさんは
返信しても構わないのでしょうが、
そのコメントにいちいち反応を示すよりは、反応しないで削除する方が

チャットに集中できて時間の無駄遣いにならないと、ななは思います。
心無い言葉を投げかけてみて、反応を楽しんでいる方も居ますしね。
そう言った男性会員様は、お金を掛けて遊びにくるのかが疑問です^^

後日談ですが、コメントを削除したあとに男性会員様は気が付いたのか
謝罪のメールが届きました。
謝罪してほしいわけではありませんでしたが、ネチケットを理解してくれた

ようで安心しました^^
心無い言葉を掛けられたときは、反応しないでみることも試してみてください♪
以上、現役チャットレディーの『なな』がお届けしました♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP